ボム君.com

僕は僕らしく生きて行く自由があるんだ

人生は一人旅。いくぜぬるりと。

MENU

高校生や大学生が、長期間の旅に出るときに気をつけるべき考え方

僕は旅をするのが好きです。

 

f:id:nogizacarp:20170616235431p:image

 

このブログを読んでくれている人は知ってる人が多いと思いますが、基本的にヒッチハイクで日本中いろいろ旅をしています。ゲストハウスに泊まったり。

 

 

旅をする目的として、「人との出会い」というのがあります。

 

 

僕は今高校生ですが、周りの高校生はほとんどみんな、同じような十数年間を過ごしてきているので、特別なバックグラウンドを持った人も少ないし、よっぽど特殊な環境じゃない限り、「凄い人」とは出会える可能性が低いです。

 

 

身近な大人といっても、親や教師、部活のコーチとか塾の先生くらい。

 

 

似たような価値観を持っている人たちのコミュニティで人生の初めの十数年を過ごすのは、ちょっともったいないんじゃないかなと僕は思うわけです。

 

 

それで、僕が選んだのは、ヒッチハイクで旅をすること。

 

 

僕は高校2年の春に初めて、今に至るのですが、自分の全く知らない世界を生きてきた人たちの話はどれも刺激的で、自分の視野がどんどん広くなって行くのを常々感じてきました。

 

 

 

「旅は人生を変える」ということを身をもって感じてきたわけですが、最近、

 

人との出会いについての考え

を改める機会に会いました。

 

 

きっかけはこの記事。

 

そこらへんに転がっている新しい人との付き合いに価値はない | やぎろぐ

 

自分が付き合えるのは、同じレベルの人間だけだ。

どれだけパーティーに行ったりしても、結局知り合えるのは同じレベルの人間。自分が凄いと思う人はその場には現れない。

凄い人に会えることはあるかもしれないけど、対等に付き合うことは出来ない。

もし出会えたとしても、その凄い人は自分に“本当に大事なこと”を教えてくれない。

 

特にこの引用文の後半。

なるほどと思いました。

 

 

 

ヒッチハイクで出会った人たち、というか、高校生からみた大人というのは、未知の部分が多すぎるんですね。

 

 

それは、この記事で言うところの「自己鍛錬を怠ってるから」であって、もっと言うと、圧倒的に知識量と視野の広さが足りてないからだと思うんです。

 

 

つまり、ヒッチハイクやゲストハウスで、自分の全く知らない価値観のコミュニティに飛び込んでみたところで、能力の低さゆえに、自分が得られるものはたかが知れてしまう。

 

 

もちろん、その「たかが」でも、高校生にとっては凄いものなんだけど、せっかくなんだから取りこぼしは極力無くしたい。

 

 

かといって、そもそも視野の狭い高校生(に限らず若者)が、孤独に鍛錬しようとしたって、何をすればいいかわかんない。

 

 

だから、僕は、一気に長期間の旅に出るより、短い期間の旅と、その後の復習期間を設ける旅のやり方が賢いんじゃないかなと思います。

 

 

高校によくある 「1ヶ月海外留学プログラム」みたいなのって、行く前と後とで、ほとんど何も変わってないように感じてしまうのですが、それは、「自分の能力と、経験、出会いの大きさ」が釣り合ってないから。

 

 

そうじゃなくて、若いうちは、1泊、2泊くらいの短い旅をして、その都度考えて、自分の中で新しく得たものを消化してから、次の旅(経験)をするのがいい。

 

 

僕も去年の夏に2週間で日本一周の旅をしましたが、自分の能力の低さと、得たものの大きさの差がありすぎて、めちゃくちゃ消化不良を起こしました。

 

 

ちゃんと整理できたなと感じたのは今年の1月くらい。

 

 

そこでやっと、「あの時会った人は実はこんなことやってたんじゃん!」とか、「あの人が言ってたことはこういうことだったのか!」という気づきがあるんですが、それまで半年もかかっていたら、大切な「あの人」との関係はかなり薄れてしまっています。

 

 

第一、「あの人」に全くいい印象を与えられてないことにもなってしまうから、せっかくの「出会い」は台無し、とまではいかなくても、取りこぼしがあまりにも多い。

 

 

「そんなの旅しながら頭使えばいいじゃん」っていう意見もあるかも知れないけど、(いや、若いうちに旅した人はほとんどこんなこと言わないと思うけど)端的に言って無理です。笑

 

 

自分の大好きな食べ物が、次から次へとどんどんやってきても、必ずどこかで苦しくなりますよね。

 

 

はそれくらい濃いものです。どんどん新しい刺激的な出会いがある中で、移動し続けなくてはならない。これは想像以上にキツイです。

 

まぁそれができるならそれに越したことはないけど。

TVの大食いチャンピオンみたいなものですからね…とりあえず僕にはその力はない。

 

 

だから、自分の中での価値観がある程度完成し、能力を持った状態でなければ、安易に長い期間の旅に出るのは避けるべきだと僕は考えます。

 

 

つまり、自己鍛錬の末、自分という存在を高めた上でなら、どんな経験であっても消化することができる。

 

 

それまでは、なるべく短い期間の旅(経験)をして、すぐに整理をして、自分の血や肉としていくことを繰り返すのが大事です。

 

 

逆に、自分を確立した上での長期旅は、どれだけ楽しいものなんだろうなと今から考えてワクワクしてます。

 

 

なんでも勉強だなぁ。孤独だけど、苦しいけど、それもまた楽しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

お前の考えもまとまってねーじゃねーかよ!って話だけど、まぁもう少しもがかせてください笑

 

 

でわ。