ボム君.com

僕は僕らしく生きて行く自由があるんだ

人生は一人旅。いくぜぬるりと。

MENU

【何もしない旅】新潟のゲストハウス『なり』に行ってきました!

f:id:nogizacarp:20170825214545j:image

新潟は沼垂。ゲストハウス『なり』に一泊してきました。

 

 

観光も、食べたいものがあるわけでもなかったのだけど。

 

 

『何もしない旅』ができるのが、ゲストハウスのいいところだと思うのです。

 

 

ビジネスホテル、カプセルホテルでもいいですが、いつもと違う場所で、いつもと変わらないことをする。そんな贅沢を味わいたくて。

 

 

今回は、この『なり』に、去年僕が初めてマスヤに泊まった時、ヘルパーとして働いていたにっしーと呼ばれる男性が、ヘルパーとしていて、お呼ばれしたので遊びに行きました。

 

 

もう少し説明すると、『なり』のオーナーは、マスヤのオープニングからのスタッフだったりえちゃんという女性が、去年独立して始めたゲストハウスで、にっしーは、

 

去年の夏 マスヤでヘルパー

去年の暮れ〜 なりでオープニングスタッフ

今年春 スペイン巡礼の旅

現在 帰国し、なりでひと月ほどヘルパー

 

という動きをしており、「スペインから帰ってきたし、おいでー」みたいな感じになったわけ。

 

 

僕もいつか行こうと思ってたので、このタイミングで泊まりに。

 

 

 

 

で、、

 

以前記事にしたけど、僕の一人旅は基本的に観光しない。

 

 

ただ、“いつもの場所”から離れた場所にいる。その感覚を味わうのが好きなのです。

 

 

今日という1日の、全てを自分で決められる自由。

なりで読んだ小説に、

 

「不自由のない旅には、自由もない。

 

不自由ばかりの、自由な旅をしよう。」

 

 

みたいなセリフがあった。

 

準備万端、行き先も決めた、いわゆる普通の旅行には、不自由はないが、自由もない。

 

逆に、事前にほとんど何の準備もせずに飛び出した旅は、不自由ばかりだけど、すべてが自由でもある。

 

 

僕は、そんな自由な旅がしたい。

 

 

だから一人旅を好むし、観光する場所とかも特に決めない。

 

 

そんなこと向こうで決めればいい。

 

 

「今日は家に帰らなくていいんだ。」っていう感覚が僕にとって大切で、なんだろう、地面を自分の足で踏みしめてる感じがするんですよね。

 

 

「明日どうしよう」「帰れるかな」なんて考えながらも、足取りは重くなく、歩くことがなんか楽しい。

 

 

いいですよ。こういう旅。

あんま共感してもらえないけど笑

 

てか、求めてるつもりもないけど笑

 

 

 

⬇︎twitterのつぶやきでダイジェスト

 

ってなわけで、僕の旅論をつらつらと書きました。

 

ここからなりに行った時のつぶやきを貼っておくので、「どんなことしたの?」と気になった方は見てみてね。

 

 

ちなみに、案の定帰ってから母親に、「なんで新潟行ったの?笑」って言われたけど、

 

“自由な旅”はなかなか理解してもらえない笑

 

 

(誤字 型→方)