ボム君.com

僕は僕らしく生きて行く自由があるんだ

人生は一人旅。いくぜぬるりと。

MENU

【マスヤヘルパー】~その13~下諏訪で埼玉トーーーク!!

f:id:nogizacarp:20170802234429j:image

 すげー顔笑笑

 

 

また今度、ちゃんと食べに行きます笑

 

ネギトロが美味しいらしい。

 

死ぬほど美味しいから、死なないようにとA1理論さんからアドバイスをいただきました笑

 

 

朝は

牛乳パンもいいけど、カステラパンも美味い!!

 

そうそう、たるかわさんの女将さんにも、きょんちゃんから僕についての話が行ったらしく、下諏訪の輪が少しずつ出来始めています笑

(なんせコミュ症なもんで、少しずつです笑)

 

 

 

 

体力の衰えを感じます笑

抱っこしてても結構くるし、疲れる笑

 

というわけで

 

あ、これはお昼の⬇︎

おやつを見せると、「よこせ」とばかりに、

あーあああああああまんまんまんまあああああ!!!!

と意味不明の奇声をあげます笑(まんまってご飯のこと言いたいのかな?すごいぞせんり!)

 

冒頭の顔笑

 

 

せんりがパンを食べるのに、添加物入れないようにしたいので、僕が作ればいいのでは?という流れに笑

 

 

 

で、バータイム。

 

誰もいねぇ!!!笑

 

 

映画祭に行ってる2人組×2と、他のゲストさんも外に出て、バーに僕とまーしーしかいない状況に笑

 

 

グラスを磨きまくりました笑

 

 

バーでワイワイ始まりました。

 

 

とまぁ、終盤かなりの盛り上がりを見せました笑

 

 

まーしーからの質問で、「埼玉県民って地元愛がないように感じるけど、どう?」という問いに、埼玉出身のみんなが「だって何もないからね〜」と言ってたのが、なんか悔しかった。

 

確かに何もないんだけど笑

 

 

の割にみんな、やっぱり地元の話が自分の知らない場所で出るのは嬉しいのか、結構いろんな話が出てくる。

 

 

まぁ、どうせなら自虐ネタじゃなくて、ほんとに面白い話が出て来て欲しいんだけど笑

 

 

マスヤもそうだけど、「地元が盛り上がったら、なんか嬉しい」っていう気持ちってみんな少なからずあったりする気がする。

 

 

 

んーまぁそれを目的にするのは僕のゲストハウス運営の本質とは逸れてくるんだよなぁ…

結果的にそうなってくれるのはありがたいけれど。

 

って考えるとやっぱりきょんちゃんって頭いいんだなぁ…って思う。

 

 

地元の人の居場所と、他所から来た人の居場所を重ね合わせる。

 

 

それは学生時代の世界一周の旅の経験と、地元愛によってできるものなのかな。

 

 

僕も日本一周はしたけれど、彼女が旅で感じた“温かさ”と“冷たさ”の経験は、僕の数倍上をいってるのだろう。

 

だからこそ、ゲストハウスに泊まった時に、「こんな場所を作りたい!」という僕と同じようなスイッチの入り方をしても、エネルギーが僕より数倍上をいってる。

 

 

で、同時に、学生時代に、「地元抜けて、東京さ行ぐだ!」(イメージです)という考えがあったからこそ、戻って来た時の地元愛が強い。

 

 

先日バーに来た地元のおじさまが、「下諏訪はつまんねぇよなぁ!ガッハッハ!」みたいに言ってるのを、きょんちゃんはすごく悔しそうな表情で見てた。

 

 

僕はそういうのスルーするタイプなんだけど、こういう違い(これを縦の違いとみるか、横の違いとみるかは別として)が、

“地元を楽しく”という、コンセプトと、そうでないものとに分けるんだろうなぁ。

 

 

ちょっと眠気も入って、よくわかんなくなって来てしまったけど。。

 

 

 

マスヤと同じようなコンセプトのゲストハウスを作るのであれば、きょんちゃんの考え方を極力真似ていくのが最適解だと思う。

 

 

ただ、少しでも違うものを作りたいと思うなら、自分の掴んだ描き方で、自分の絵を描いていくしかない。地道だけど。

 

 

それは、経験というただの時間軸を、どう捉えて血肉にして行くか、というところで、ひとは同じ経験をしても、それぞれ感じ方は違うから、行動するだけじゃダメなんだなぁ。

 

 

ヒッチハイクとかも、ただそれだけで、“面白い経験”にはなるけど、結構みんな、その後のことはどうでもいいと思ってる。

 

 

ホリエモンは、大学時代のヒッチハイクを「自分の殻を破った経験。結果として営業の基礎にもなった」というようなことを本に書いてたけど、僕は営業に通じるものを感じたことがない笑

 

 

で、ヒッチハイクの知り合いとかも、「ヒッチハイクやった!マジで最高の経験やった。一生忘れない出会いがあった」っていう感想だけに終わってるのが多くて、「そりゃみんなそうだよ」って思ってしまう。

 

 

まぁ、なかなか約1年半ヒッチハイクという手段を使ってる人ってあんまりいないからねぇ…

 

僕も、経験の先のことを考えたのは、初めてやってから、8ヶ月後くらいだったし。

 

 

 

よくわかんなくなって来たので(おい笑笑)まとめると、

ガンガン経験するのはもちろん、その後の考察もしっかりしていくことで、自分の中に蓄積されていく描き方を使うと、より鮮明な絵を描けるようになる。

ってことかな。

 

鮮明なものには、オリジナリティも付いてくるしね。

 

 

起きてからこの考察も読み直して、どんどん足していくわけです。

 

 

 

明日休みなので、昨日書こうと言ってた記事や、少しヘルパー全体の考察も書いて行こうかなと思っています。

 

 

どうせせんりと遊んで終わるんだけどな!!!笑

 

頑張ろ笑

 

 

でわ。