ボム君.com

MENU

カットモデルは美容師志望の高校生にオススメかも!やり方や様子をお伝え!

f:id:nogizacarp:20171110220559j:image 

『カットモデル』という、ざっくり言うと美容師の練習台になる代わりに、安く(お店によってはタダ!)で髪が切れる仕組み、皆さんご存知ですか?

 

 

 

この記事では、おトクな『カットモデル』とはなんなのか、その様子や感想を、実際に今さっき(11月9日22時に終わって、23時ごろに書いてます)行ってきたばかりの僕がお伝えします!

 (更新日はその翌日ですが)

 

 

 

1.アプリやサイトからカットモデルの募集を探す

 

まずはお店探し。

 

僕はminimoというアプリを使いましたが、調べると結構出てくるので気に入ったものでOKです。

あなたにぴったりの美容師・サロンスタッフが見つかるアプリ ミニモ(minimo) 

(HPを見ると、なんだかオシャレで敷居が高く感じますが、学ラン高校生の僕でも全然平気だったので、多分大丈夫!)

 

 

また、都心から離れると一気にヒット件数が下がります。僕は埼玉に住んでるのですが、最寄駅あたりで調べた時は4つくらいしかなかったのでそこはご注意を。

 

 

日時や値段、美容師さんの希望がマッチしたら、予約!

 

 

2.実際にお店へ

 

あくまでモデル(練習台)なので、時間は基本的に閉店した後、他のお客さんがいない時であることが多いです。

 

 

入ったら、「カットモデルで来た」ことを伝えましょう。

 

 

実際に僕を担当してくれたのは女性の美容師さん。

 

 

3.どんな感じにするのかのお話

 

次は担当する美容師さんとのカウンセリングです。

 

僕は実は美容院に行ったことがないので(今回が初)、普通どんな感じなのかわからないのですが(汗)、おそらくあまり変わんないんじゃないかなと思います。

 

心配される方もいると思いますが、練習台といっても、お店側の都合で髪型を決められるわけではなく、普通にリクエストできます。

 

(お店によっては「カラーのみ」とか、「パーマNG」みたいな要項があるようなので、事前にご確認を!)

 

カウンセリングが終わったら、見習いさんは一旦先輩美容師さんに報告。

 

 

見「こんな感じを希望されてて、こういう風にしますか?と伝えたんですが…」

 

先「なるほどね、こういうところは確認しながら…」

 

 

みたいな会話が後ろの方で聞こえて来ました。

 

 

4.いざ施術

 

いよいよシャンプー、カットですね。

 

美容院でのシャンプーももちろん初体験。

あれすごいですね、頭以外が全然濡れないことに感動しました笑。

 

 

ちなみにその横では、見習い男性美容師さんが他のスタッフさんをシャンプーしてて、横に立ってる先輩美容師の女性に

「指の強さが違う!」

「ここはこう!」

みたいな感じであつく指導されてました。

 

 

カットは、これも初めてなので普通がわかんないのですが、ちょっとゆっくりめだと思います。

確認しながら切っているという感じでしょうか。

だってあれ、すごいもんね。切り方もいろいろあるし、左右揃ってるかとかいろいろ要素があって難しそう。(小並)

 

 

練習とは言っても、雑談したり雰囲気は本当に普通と変わらないんじゃないかなと思います。

 

 

ちなみに余談ですが、僕は初対面の人にはヒッチハイクの話をするのが鉄板です。笑

「え、怖くないんですか!?」

「どうやって捕まえるの?」

なんて感じで盛り上がります。

 

 

5.先輩美容師の確認&修正

 

1時間ほどの施術を終えると、ベテランの先輩美容師の確認が入ります。

 

 

 この時間はまさにマネキンのような気分です笑

 

「ここの切り方はいいね」

「ここ少し重たいから、こういうカットをしてあげるといいかも」

 

みたいな指導を、僕の頭を使って見習いさんに説明していきます。

 

 

指導が済んだら、最後にワックスをつけてもらって(夜の10時なのに!笑)終わり!

 

仕上がりは大満足!

 

だいぶモサモサしてた髪がさっぱり。

ちょっと切ってもらいすぎた気がするけど、最初の美容院じゃどんな感じにしたいのかうまく伝えられないもの…

自分の好みや似合う髪型を見つけるのにも、カットモデルはもってこいかなと思います!

 

 

 

ちなみに、ほんとにほんとにお金はかかりませんでした!

(あくまでお店や内容によります)

 

 

まとめ

 

カットモデルはお金をかけずに髪を切りたい人には超オススメです!

 

僕は高校生ですが、大学生や社会人の方も、「できれば散髪代はかけたくない」って思っている人は多いはず。

 

 

で、さらに僕が実際に体験して思ったのは、美容師志望の学生さんにもオススメなんじゃないかなということ。

 

 

いや、美容師業界はほんとにわかんないので無責任ですが、見習いは実際にどんな感じで指導されて、練習するのかを間近で見れるのは結構役に立つんじゃないでしょうか。

 

 

もちろんそういう人はもともと髪型をいじったりするのが好きで、自分で専門的なことも調べてたりするんだろうけど、普段の美容院とはまた違った風景が見れて良いと思います。

 

 

普段はベテランのスタイリストさんに切ってもらうのももちろん良いですが、今の自分により近い立場の見習いさんと直接触れ合える機会って、勉強していく上で大切だと思うのです。

 

 

そんなわけで『カットモデル』は、経験を積みたい見習いさんのためにも、お金をかけたくない方にも、そして美容師志望の学生さんにもオススメ!!というお話でした!