ボム君.com

僕は僕らしく生きて行く自由があるんだ

人生は一人旅。いくぜぬるりと。

MENU

高校生ヒッチハイカー日本一周の旅 4日目

f:id:nogizacarp:20160726235758j:plain


どうもふじっぺです。


日本一周の旅4日目。


長野県下諏訪に別れを告げ、本日は大阪へ向かう


…………はずが。




予定より4時間程長く居座りました



俗に言う、「マスヤトラップ」にまんまとかかり、出発したのは11時頃。



まぁ、雨が弱くなるのを待ってた。というのもあるんですが、結局弱くなる事はなく、初の雨天ヒッチハイク


f:id:nogizacarp:20160727000310j:plain

ゲストハウスの皆さんに見送ってもらい、下諏訪にお別れ。

雨の降る中、傘をさしてスケッチブックをあげる。

まずは最寄りのICを目指します。


15分くらいして、外国人のお母さんが乗せてくれました。


ICに着き、高速道路に乗せてもらおうとスケッチブックをあげること1時間半。




誰も声かけてくれない。


まぁ、雨だから成功率は下がるだろうとは思ってたのですが、そんなことより問題なのが


寒い


f:id:nogizacarp:20160727000902j:plain

鳥肌は常に立ってるし、鼻水はオートで垂れてくる、震えは止まらない。


7月に寒さでここまで追い込まれるとは…


ついには、僕のことを見てくれないドライバーさんに陰で当たるように…


僕はこの症状が出たらヒッチハイクを中断するようにしています。



ヒッチハイクって、やってる人がすごいって思いがちですけど、すごいのはドライバーさんです。


例え乗せてくれない方に対してであっても、謙虚な心がなくなったらヒッチハイクをやる資格がないと思っています。



ちなみに初日に、東北の人がなんとか…って書きましたが、あの時もすぐに1キロくらい歩いて場所を変えました。





まぁそんなわけで一旦引き返して、下道から諏訪湖SAに入って始めようと思い、ICを後にしようと歩き始めました。



すると後ろから車のクラクションの音が…



歩いてた車線側は、高速を降りた車が通る方だし(つまり本来関係ない)、確かに歩行者がいるようなところじゃないけど車道には出てないし。



そこまで僕に追い討ちかけるのか?と思って振り向く。



すると


「どこまで行くん?乗せてくよ!」



いや、僕高速乗ろうとしてたんで逆だと…




「違う違う、さっき1回スルーしたんだけど、やっぱ乗せてやりたくて戻ってきたの!」



声をかけてくれてのは40代(もっと若く見えた)の夫婦で、長野県内で居酒屋をやってるらしい。
聞けば、20分くらい走ったところから引き返してくれたそう。



いきなりコンビニに入って暖かいご飯をいただくことに…



聞いたら、降りるのは割と近くだから、あんまり進まないなぁ…でも温めてもらえただけありがてぇ。


そう思って、日本一周の話やら今日の行き先を伝えたら…


「そしたら、今日はお店臨時休業にして、名古屋の方まで送ってやるよ!」



……………はい。僕です。



居酒屋爛漫を臨時休業にしたのは僕です。僕がやりましたっ!




でも、なんか用事があるみたいで、出発できるのは6時くらい。(その時は2時)


「んじゃ温泉にでも入っててよ。迎えに来るから!」


何から何まで、どんだけ神対応なんだ。。



まるで秋元真夏さんの握手じゃないか!(僕握手したことないけど。)(わからない人は乃木坂46 秋元真夏で検索)



6時に名古屋へ向けて出発。


泊まる予定だった大阪のゲストハウスにレイトの連絡を入れて、最低でもき今日中(チェックイン予定日)にはつくだろうという予想しながら岐阜、愛知を疾走。


そして降ろしてもらう予定だった養老SAに到着……ん?え、通り過ぎちゃいましたけど…


「どうせだから大阪の泊まるところまで送ってやるよ」



このセリフは養老の次のPAでトイレ休憩してる時に聞いたのですが、個室に入ったら涙が出ました。


世界には愛しかない ことを身をもって知りました。

youtu.be


ほんとに気さくで、仲がいい方たちでした。

日本一周引き返し中にお店に寄ろうと思っています。


爛漫 駒ヶ根で検索すれば情報が出てきます。

みなさんもぜひ行ってみてください。めちゃいい人です。



そんなこんなで神様のような夫婦に握手を交わしお別れ。


今は大阪のゲストハウス、アークホステルさんに泊まっています。



最後に、この旅の実行に携わってくれた方々の紹介。


ぶんたさん
いさっちさん
yuzukaさん
Ryoko111さん
Peppopさん
Kouta Itouさん
Knight0623さん

その他、マスヤゲストハウスのみなさん、乗せてくれた方々、そして両親に感謝!


僕も人に愛を与えられる人になりたい。いや、なる。

next 大阪観光→大好きな広島を目指すよ!

でわ。