ボム君.com

僕は僕らしく生きて行く自由があるんだ

人生は一人旅。いくぜぬるりと。

MENU

高校生はみんなヒッチハイクをするべき

f:id:nogizacarp:20170930212629j:plain

僕は現在高校3年で、今までにヒッチハイクで200台近くの車に乗せてもらいました。

その中で感じたこと。

それは『高校生はヒッチハイクで旅をするべき』だということ。



おそらくこのページに来たあなたは、ヒッチハイクに興味を持っている方なのでしょう。


一つの経験談として、このブログを最後まで読んでくれたら嬉しいです。




ヒッチハイクを通して得られたこと

  • 自分の“使命”に気づいた
  • たくさんの“つながり”ができた
  • いろんな“生き方”を知った

自分の“使命”に気づいた

f:id:nogizacarp:20170914135528p:plain

いきなり出てきた“使命”という強い言葉に、驚いたかもしれません。



僕の使命は、これ。

ふじっぺのゲストハウス開業日記


いつ気づこうがそんなのは人それぞれなんですが。



ヒッチハイクをしている中で感じた、


「誰でも受け入れられる場所がほしい」

「関わってくれた方からの恩を、どう返そうか」


そんな想いを形にしようと、今まさに動いています。



それが僕の使命だと気づいたので。



たくさんの“つながり”ができた

f:id:nogizacarp:20170820224644j:plain
マスヤゲストハウスでの一枚

ひと、場所、いろんなつながりが出来ました。


いつもつながっている訳じゃない。

だけど、求めればすぐにつながれる状態。

そんな人や場所って大切だと思うのです。



というか、そういうつながりが大切だということを、高校生に知ってほしい。


今あなたがいるその“ばしょ”に、そんなつながりがないのなら、外を見てみてもいいのではないでしょうか。



いろんな“生き方”を知った

f:id:nogizacarp:20170814235129j:plain
夏に諏訪→駒ヶ根まで乗せてくれたカップル

高校に通っていても教えてもらえない生き方をたくさん知りました。


大学へ行く道、就職しない道、いろいろ。


“可能性を広げる”と言ったら少し大げさですが、探せば生き方なんていくらでもあるんだなと思いました。



『進路についての学習』みたいな、いろんな職業のいいところが紹介される話を『教師』から聞くより、実際にいろんな人に会ってみてください。



はじめはネットでもいいです。

ただ、それだと自分の中の知識でしか検索出来ません。



自分の全く知らない道を歩いてきた人と会えるヒッチハイクは、そのためのいい手段だと思います。



まとめ

はじめる理由はなんでもいいのです。

お金が浮くから とか、面白そうだから とか。


実際僕も、「楽しそうだから」はじめました。


また、ここに書いたことはあくまで僕の場合であり、得られるものは人によって違います。



向き不向きだってありますしね。タイトルには書きましたが、一概に“高校生は全員やれ”とは言いません。




だけど、興味を持った人、“楽しそう”と思った人には、ぜひとも挑戦してほしいのです。



それも、出来れば一人で。


ヒッチハイクという不確定な手段で、自由な時間というものを味わってもらいたい。



やり方はここに書きました。
ヒッチハイクのコツやノウハウを日本一周した高校生がまとめた教科書 - 僕は僕らしく生きて行く自由があるんだ


何度も言いますが、やるもやらないも自分次第です。



もしあなたがこれを読んで「やろう」と決心してくれたなら、とても嬉しいですね。



気になることがあったら、このブログのコメント欄でも、Twitterにでもメッセージを送ってください。
ふじっぺ (@Fjppe) | Twitter



あなたの挑戦を応援してます。


でわ。